引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜

引越しの裏技

実践している人は結構いるのに意外と知られていない裏技をご紹介しましょう。
このテクニックが使えるケースは限定されていますが、うまくはまるとかなり引越し費用を節約できます。
引越し料金の内訳は前に示した通りですが、結局トラックと作業員を長時間拘束するために費用を支払っていることに気付くと思います。
そこで、トラックも作業員も拘束しない引越しをすれば、場合によっては安上がりになります。
その方法とは、実に簡単な方法で、荷物を全て宅配便または小荷物として送るのです。
運送業者に頼めば、見積もりを出してもらえますので、それと引越業者の見積もりを比較してみれば、どちらが安上がりかはすぐにわかります。
この方法が有効なのは、荷物が比較的少ないケースはもちろんですが、その他にも、大学への入学時や単身赴任などで大型家具は引越し先で現地調達する時にも使えます。
また引越しの基本運賃はトラックが空で帰ってくる前提で設定されていて、その分も負担していますので、片道分しか負担しない小荷物の方が、遠隔地への引越しの場合有利になってきます。
その他、いろいろメリットがあります。
荷物が届くのは翌日以降になるので、引越し当日に急いで移動する必要はありませんし、荷物の到着時間をずらすことで受け取る荷物を何回かに分けることも可能です。
引越し先が何階であろうと宅配便の料金が割り増しになることはありません。
(引越しの場合は高層階だと作業効率が悪くなるので作業員を増やすことがあり、その場合には割高になります。
)検討の対象として考えてみてはいかがでしょうか。
Search

Copyright (C)2017引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜.All rights reserved.