引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜

単身向けパックを活用しよう

大手を始め多くの業者が単身世帯向けのパック料金を設定しています。
この料金は、一般的な引越しより格安です。
元々、学生や若いサラリーマン、OLなど単身世帯の引越しというのは、業者にとっては収益性の高いお得意様なのです。
理由はいろいろあります。
まず、荷物の絶対量が少ないことです。
ワンルームや1Kの部屋では物理的に家具は制約を受けます。
また比較的近距離の引越しが多く、人によっては2年に一度のアパートの契約更新の時期ごとに引っ越すためにリピーターとなってくれます。
需要が多いことも業者にはありがたいことです。
大学生だと新入生の時には土地鑑もなく適当なところで妥協して住処を決めざるを得ませんが、卒業シーズンには学生向けアパートなどの入居者募集が多く出るので、そのタイミングで引っ越す人は少なくありません。
社会人の場合、転勤に伴う引越しなどでなければ、3〜5月の繁忙期以外の余裕のある時期の引越しとなることも多いので、その点でも業者側からすればありがたいお客さんです。
費用が安く済む単身世帯向けのパックを使わない手はないのですが、注意すべき点があります。
この種のパックというのは、作業員1名かつ小さなトラックで引越しできることが前提となって安い価格設定になっています。
そのため、例外的に大荷物であるお客さんの引越しを受けてしまうと、業者側が赤字になってしまうので、主に荷物の量について上限が設けられています。
最近はトランクルームなどの利用者も増えてきたので、単身世帯でも思わぬ荷物の量になることが稀にあるためです。
申し込みの際には注意事項をよく読み、引越し当日に業者とトラブルにならないように気をつけましょう。
Search

Copyright (C)2017引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜.All rights reserved.