引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜

リスト作成のススメ

的確で割安な引越し料金を見積もってもらうには、引越業者にきてもらって実際に見てもらうのが手っ取り早く一番有効な方法なのですが、時間の関係や業者側の都合などいろいろな理由でそれができず電話での見積とケースもあります。
そうした時には、引越し荷物のリストを作ると効果的です。
前にも述べた通り、一般の人が引越しの荷物の総量を正確に把握できているケースはむしろ稀です。
現場に行ったら、実際の荷物の方がずっと多いということが日常茶飯事なので、引越業者が電話で見積もる時にはリスクを見て、時間的にも人員的にも余裕を見て見積を作成するので割高になります。
以前説明した通りです。
ですので、電話で見積を依頼する時には、引越業者側が不安に思うことをクリアしておけば、良いわけです。
そこで荷物リストを作ってFAXかメールで送ってみましょう。
荷物リストは、具体的には次のようなものです。
大物家具は何がるか、一軒家なら一階にあるか二階にあるか、サイズはどうか、布団は何組あるか、衣類は段ボール何箱分あるか、その他小物類は段ボール分何箱分あるか、引越し屋泣かせの書籍類は段ボール何箱分あるか、パソコン類はあるか、などです。
段ボール箱で何箱分になるかは、実際に一箱か二箱作ってみれば、一箱に箪笥の引き出しいくつ分入るか、本棚何段分入るかがわかりますから、後は割り算で正確な量が計算できます。
段ボール箱といっても一般の人が漠然と考えているよりも、ずっと少ない量しか入らないものです。
逆に言うと、荷物を段ボール箱に換算すると結構な量になることに驚かされます。
これを引越業者に正確に伝えれば、時間面要員面での正確な見積が可能になります。
多少手間はかかりますが、有効な方法です。

話題になっている引越しの情報はネットならここでチェックしてみてください

Search

Copyright (C)2017引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜.All rights reserved.