引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜

自分で引越し?

引越し費用の節約を考えていくと、「自分で引越しをしたら安くあがるのではないか」と考え始める人がいます。
さて、節約になるでしょうか?
結論から言うと、余程慣れた人に手伝ってもらうのでなければ、かえって高くつくことになりかねないから、やめておく方が良いです。
まずトラックを借りる費用がバカになりません。
ガソリン代もかかります。
そして大きいのが「人件費」です。
親戚や友人ならタダで手伝ってくれるでしょうが、かといってタダで帰す訳にはいきません。
食事を御馳走したり、往復の交通費を負担したりするのは当然でしょう。
しかも、引越業者の作業員と違って経験が無い分を頭数でカバーしなければなりませんから、人数を集めないと大物家具の出し入れもままなりませんし、二階へ家具を上げるのも難しいです。
頭数×おもてなし費用を人件費と考えると、結構な金額になります。
さらに厳しいのが、荷物が傷むことです。
素人目には引越業者は無造作に荷物を運んでいるように見えますが、実際にはノウハウとテクニックを駆使し、輸送中も荷物が傷つかないように細心の注意を払っているのです。
素人による中途半端な固定では、輸送中の振動で荷台の家電製品などが破損しかねず、その時には買い替えなければならなくなります。
ものによっては引越し費用よりも高くつくことになりかねません。
家具の破損も手痛い出費になりかねません。
こうしたことを考えていくと「自分で引越し」というのはリスク覚悟の最後の手段ということになります。
学生などで、荷物の量も少なく壊れて困るようなものが無く金も無い、という時には仕方が無いですが、一般家庭の引越しならば、しっかりしたプロに委ね金額に見合ったサービスを提供してもらう方が結果的にはリーズナブルな選択と言えるでしょう。
Search

Copyright (C)2017引越しの成否はここにあり!〜業者選びのポイント〜.All rights reserved.